紫外線を肌に浴びるとなぜ老化に繋がるのか

 

紫外線が肌によくないことは今当たり前のように言われていますが、
みなさん紫外線が与える影響としては「シミをつくる」「色が黒くなる」などといった印象ではないでしょうか?

それは間違いないのですが、紫外線が肌に与える悪い影響としては、それだけではありません。

実は肌の老化現象のひとつとして一番改善するには難しい「しわ」も紫外線の影響で作られるのです。
もちろん、紫外線は原因のひとつですから、すべてが紫外線のせいではないのですが、
シミ・しわすべての老化の原因を作ってしまう、アンチエイジングの最大の敵ともいえるのです。

紫外線を肌に浴びるとなぜ老化に繋がるのでしょうか?

まずシミですが、紫外線を浴びることにより、肌が自身を守ろうとメラニンを放出します。
このメラニンが黒い色素をつくり、シミとなってしまうのです。

年齢が若く、肌の生まれ変わりが正常なうちはこのメラニンが出てきても、新しい細胞が次々に出てきてくれるのでシミとして残りにくいのですが、だんだん加齢とともに肌の生まれ変わりが遅くなってくると、この色素となって表れたシミがずっと残ってしまうのです。

次にしわですが、肌は何層もの層になっていて、その奥深くに肌のハリや弾力を保っている層があります。
紫外線はその肌の奥深くにまで届いてしまい、そのハリや弾力を破壊します。

特に最近は温暖化の影響もあり、地球に届く紫外線がとても強いものになっているため、
肌の奥にまで届くほどになってきているのです。

紫外線が肌に与える影響はどんどん大きくなってきています。

今はまだ若いから大丈夫だと言って、日焼け止めを塗らずに過ごしていたり、
紫外線対策を怠っていると、加齢とともにそのつけがまわってきます。
大切なのはもう今からしっかり対策をするということです。

夏が来てからでは遅いですよ。紫外線は実は春から強くなってきています。
実際にシミやしわとして表れてからでは、紫外線対策をするよりも何倍も何倍も大変でお金もかかります。
できる範囲でも紫外線から肌を守る生活を心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket