女性の薄毛の原因で多いのは、ストレスと加齢

 

薄毛といえば、男性の悩みというイメージを持つ人もいるでしょう。しかし、女性でも薄毛で悩む人は多くいます。昔に比べて髪の毛が薄くなってきていると気づいたら、原因を考え適切な対策をしておくことがおすすめです。

女性の薄毛の原因で多いのは、ストレスと加齢です。

まだ若いのに髪の毛が薄くなってきたという場合は、ストレスが溜まる生活をしていないか振り返ってみると良いでしょう。ストレスが多い生活をしていると、交感神経が活発な状態が続き血管が収縮しやすくなります。頭皮の血管の収縮が続けば、良い髪の毛が育たない原因となってしまいます。

ストレスを感じることが多い生活をしているのであれば、手軽にできるストレス解消法を身につけておくことがおすすめです。ウォーキングなどの運動も、ストレス解消に繋がります。

40代頃から髪の毛が薄くなってきたのであれば、加齢が原因となってることが考えられます。

この年代から薄毛が増えるのは、女性ホルモンの分泌量が減ったり毛母細胞が衰えてしまったりするためです。女性ホルモンのひとつ、エストロゲンは美しい肌や髪の毛を生み出す働きがあるものです。しかし、更年期頃になるとその分泌量が減り、髪の毛の状態にも変化が現れやすくなります。更に、この頃になると髪の毛を生み出す毛母細胞自体も衰え、これまでと比べて細く弱い毛が増え薄毛へと変わっていきます。

こうした状態を改善するためには、髪の毛が育ちやすい環境づくりをしておくことが有効です。薄毛の原因となるストレスを減らすこと、成長ホルモンがしっかりと分泌するように睡眠時間をしっかりと確保すること、髪の毛を作るために必要な栄養素をしっかりと摂取することなどを心がけることで、薄毛の悩みを軽減していくことができます。

それ以外にも、頭皮マッサージを行ったり、育毛剤でケアをすることもおすすめです。育毛剤を使う場合は、女性の薄毛の悩みに合わせた作られたものを選ぶと良いでしょう。そして、育毛剤を使う時には、睡眠不足解消など日常生活の見直しをすることで、その効果を高めていくことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket