老けたくない、いつまでも。永遠の美を

老けたくない、いつまでも。永遠の美を手に入れるにはどうすべきか。
それをずっと考えていました。

中年女性

そして、丁寧にコツコツとケアを毎日積み重ねる必要があるとわかりました。

シワを予防する食べ物とは?

加齢によって出来るシワは、実は、日常の食生活を改善することにより、予防することができます。

クリームやジェルを塗ってお肌の保湿を心がけることも重要ですが、体の酸化が原因でお肌へのダメージにより出来るシワは、コラーゲンや、抗酸化物質の生成を促すビタミンが多く含まれている食事に変えるだけで、シワを未然に防ぐ事が出来ます。

では、ビタミンが多く含まれている食品は、どのような物があるのか、そして、その効能について、以下にまとめます。
シワを予防するために毎日摂取したい食品は、ブルーベリーです。

ブルーベリーは他の食品と比べて、抗酸化物質が特に豊富に含まれているフルーツです。その為、老化による乾燥や角質に抵抗する若々しいお肌の育成と、酸化による細胞へのダメージへの抵抗力が付きますので、シワの予防になる食品です。

また、ブルーベリーは、煙や汚染された外気、科学物質などの有害な外気からお肌を守ってくれる効果もありますので、美肌を保つ為には、欠かせない食材です。さらに、ブルーベリーを食べる事により、糖尿病の予防や、コレステロール値が高い方への抑制効果、痩身効果もありますので、マルチな健康食材と言う事ができます。

ブルーベリーの食べ方は、ヨーグルトに混ぜたり、ブルーベリーケーキにしたり、ブルーベリージュースで飲んだり、色々な食べ方がありますので、飽きずに毎日食べる事が出来ます。

そして、他にもシワを予防する事が出来る食べ物で有名な物が、トマトやいちご、グアバ、キューイ、パパイヤ、スイカ、桃、サクランボ、ブドウ、ザクロ、ピンクグレープフルーツ、ラズベリー、赤パプリカ、ラディッシュ、紫タマネギなどです。

これらには、多くのビタミンCが含まれていますので、抗酸化作用が強く、皮膚のコラーゲンの生成を促進しています。
シワ予防の他にも、病気に対する免疫力を高めたり、目の下に出来るクマも小さくしてくれる作用もありますので、美肌効果が期待出来る食品です。

肌荒れ・くすみが気になったら、腸内環境をチェック

中々治らない吹き出物や、化粧ノリが悪い、肌がくすんで暗く見える。
原因はストレスだったり、寝不足だったりと様々な原因が挙げられると思います。
たくさんある原因の一つとして、腸内環境が乱れている可能性があります。

実は腸内環境が悪いと腸内活動が滞り、排便がされにくくなります。
すると、便がたまり身体の毒素が排出されなくなることによって
肌に吹き出物が出たりくすんだりする原因になります。

では、腸内環境をよくするにはどうすればよいのかと言うと、
腸内を善玉菌で増やしてあげればよいのです。

腸内細菌では善玉菌・悪玉菌・日和見菌の三つの菌が存在しており
善玉菌が多いと腸内環境は健康に保たれ、
悪玉菌が多いと腸内環境が悪くなります。

日和見菌は量が多い方に変わる菌なので、
善玉菌を少し増やしてあげると日和見菌は味方になってくれます。
この三つの菌の良い割合が2:1:7になります。

肌トラブル軽減の理由が、善玉菌は身体には必須ビタミンである
「ビタミンB郡」「ビタミンK」を生成するため。
この二つのビタミンは、むくみやくま・くすみを抑えてくれる
美肌には嬉しい効果のあるビタミンだからです。

それでは、腸内を善玉菌で増やすには善玉菌が喜んでくれるエサとなる食品を摂取し届けてあげるのです。そのエサとなる食品が「発酵食品」「食物繊維」「オリゴ糖」です。

発酵食品では、納豆・キムチ・ぬか漬け・チーズやヨーグルトなどが挙げられます。食物繊維では、野菜はもちろん、きのこや切干大根・干し野菜といった乾物が食物繊維が豊富です。オリゴ糖は、大根に含まれてたり、にんにくや玉ねぎにもフラクトオリゴ糖といって含まれています。

オリゴ糖はシロップなどで販売されていたりするので、ヨーグルトに混ぜて摂取するとさらに効果もアップしますね。発酵食品のチーズやヨーグルトは動物性で食べ過ぎるとカロリーも高いので、植物性の納豆やキムチをオススメします。この納豆とキムチは相乗効果も発揮し、減塩効果にもなるので最強の組み合わせと言えますね。

ぜひ、身体の中からキレイになって美肌を目指しましょう。

すっぽん小町